四十九日のお供えのお花って白じゃないと駄目なの?

四十九日のお花ってどういうお花がいいんでしょうか。

IMARIC20160805383916_TP_V

四十九日のお供えのお花の色って本当は白じゃないといけないんでしょうか?来店なさったお客様に、白のみで作るようにお寺に言われてるなどとよく聞きます。

だけど、考えてみたら最近では葬儀の時でさえ、けっこうピンクや赤っぽいお花が祭壇に飾ってあります。いわゆる、町のなんとかホールにたいな葬儀会館や、市営の斎場なんかでもそんな、色のついた花を見かけます。

それって、四十九日どころじゃなくて、今まさにって時なのに花の色って割合色々入ってるんですね。それで、お客さんにも、四十九日のお花のご注文くださった時にその事を言うんですけど、お寺さんが白じゃないとダメって言ってるからって言う人がかなりいます。

それなら、いっそお寺さんに直接聞いてみました。

とは言え、実際は3軒ほどなんですが。サンプル小さすぎてすみません。

で、結果から言うと、真っ赤とかじゃなければなんでも良いですよということでした。もちろん数あるお寺さんの中には逆の事言うかもしれませんが、雰囲気としてはみなさん苦笑いしながらおっしゃてたので、ほぼなんでも良いですよって言うことで間違いないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です